トヨタ車で自動車保険に加入中のオヤジ

トヨタ車は車両価格が高いので、自動車保険選びが大切です。

 

ここではトヨタ車と任意保険について語っていきます。

 

トヨタのスポーツカー戦略の草の根を支えるのがコンパクトfr。

 

前回2015年の東京モーターショーに出店され注目を浴びたS-FRだ。

 

トヨタでは今、area86に変わるスポーツカーの拠点としてgrガレージの整備をすすめている。

 

将来的にはトヨタスポーツカーブランドとして展開していきたい構想。

 

たんなるショップインショップでgrmnバージョンを扱うというのではなく、スポーツモデル全般を扱う拠点として育てていきたいという狙いがある。

 

そのためにもスポーツカー大中小のラインアップが不可欠で、それについては86の開発リーダーにその重要性を認めている。

 

そのためには150万円以下の価格で手軽に乗れるスポーツカーがなければ将来的な展開は望めない。

 

そうした戦略を受けて今年の東京モーターショーに出店されるsーfrは、より市販化を視野に入れた内容へと進化を遂げることとなる。

 

具体的には1.5リットル、直4エンジンを縦置きとして3ペダル6速mtをかいして後輪を駆動するという基本パターンに変更は無いが、内外装を来年中の市販を目指してより現実的な造形、材質とする。

 

パワートレインについては、cーhrにも搭載された直4、1.2リットルターボを楯夫効かして搭載するという方向性も検討されているということ。

 

スバルのさらなる上級以降を目指すフラッグシップのレガシィと新ストロングハイブリッドがすごい。

 

次期型xvが登場。

 

nEWレガシィコンセプト。

 

2リットルターボを搭載し、さらに上質感を高めてフラッグシップサルーンの座を固める。

 

14年に登場した現行6代目レガシィ、レガシィアウトバック。

 

先代まで続いたツーリングワゴンのポジションを現行型のレヴォーグに継承して、セダンのB4とクロスオーバーSuvのアウトバックという2種類になっている。

 

気になる次期型は、スバルが一貫してコンセプトカーを発表し続けている路線を踏襲したモデルになり、ボルボが押し進めているトールハンマーフェイスに近いものになりそうだ。

 

ボディタイプには引き続き、SUVタイプの2種類を設定するが、今年の東京モーターショーにはそのコンセプトモデルが出店されている。

 

現行型はB4、アウトバックのいずれも水平対応4気筒、2.5リットルNaのFB25を搭載するが、次期型はインプレッサから投入されたスバルグローバルプラットフォームを採用し、パワートレーンを新開発の2リットルターボに一新して2019年位登場する見込み。

 

なお北米の水平対向6期等、3.6リットルエンジンは2.5リットル水平対向ターボに置き換わる。

 

2014年5月に発表した新中期経営計画「際立とう2020」では、2019年から新設計ダウンサイジングターボの市場投入を明記。

 

レガシィは選考型から現行型へのモデルスパンが5年だったことからも、2019年のFMCが濃厚。

 

スバルのフラッグシップモデルだけに、その中身もおおいにすごそうだ。

 

新型レガシィB4はスバルのフラッグシップモデルにふさわしい内外装の質感を併せ持った上級アッパーミドルセダンとして登場する。

 

パワートレーンには新開発のダウンサイジング2リットルターボを採用する。

 

トヨタ車の自動車保険の口コミ

 

トヨタ車で自動車保険に加入する人は必見です。

 

まず、自動車保険の口コミのまとめサイトをチェックします。

 

ここで実際に加入している人の生の口コミを見て、その自動車保険の良し悪しを判断します。

 

自動車保険会社はたくさんあるので、ここで口コミが悪い会社を消していきます。

 

トヨタ車は多く出回っているので、参考になる口コミも多いです。

 

続いて、自動車保険の安いランキングを見ます。

 

ランキングを見て、口コミの良い自動車保険で、どこが安いかをチェックするのです。

 

こうすれば、トヨタ車の自動車保険で本当に良い保険会社が見えてきますよ!!